アンチエイジング方法こっそり教えます > 紫外線 > 海や山での日焼け止め

海や山での日焼け止め

夏の海や山、スキー場などは紫外線の多い場所です。
遊びに行くのは楽しいですが、しっかりと紫外線対策をしておかないと、後で後悔することになってしまいます。

海、山、スキー場などに遊びにいく場合には、日焼け止め化粧品は、以下のようなものを選びましょう。

・乳液タイプかクリームタイプ
・SPF50かSPF50+
・PA+++
・ウォータープルーフタイプ
・なるべくノンケミカルタイプが望ましい(…が、見つからない場合が多い)


ノンケミカルタイプではなく、強い日焼け止め化粧品を使うと、肌に負担がかかります。
しかし、毎日使うわけではないので、少々肌が荒れても後から治すことは可能です。
それにくらべて、シミは一度できてしまうと、もはやどうしようもありません。
美肌を守るためには、日焼け対策(シミ対策)を第一に考えることが重要です。


肌が弱い人は
肌が弱い人は、顔だけはSPF30のノンケミカルタイプを使いましょう。
しっかり厚塗りして、その上にパウダーファンデーションを重ねましょう。
こうすればしっかりした日焼け対策になります。


こまめに塗り直す
レジャーでは、日焼け止め化粧品をしっかりと厚塗りすることが重要です。
日焼け止め化粧品は、塗る量で効果が変わってくるからです。
そして、その厚塗り状態を維持し続けることも重要です。

・海から上がったすぐに水気をふき取り、日焼け止め化粧品を塗り直す。
・汗をかいたらすぐに汗をふき取り、日焼け止め化粧品を塗り直す。

こまめに塗り直しをしないでいると、日焼け止めクリームの効果はあまり期待できません。
日焼け止めクリームをこまめに厚塗りしていると、1日で1本使い切るくらいの量が必要になります。
あとあとシミで悩んで、高い化粧品などにお金を使ってしまうことにならないように、もったいないと思うかもしれませんが、日焼け止め化粧品をしっかりと使いましょう。

アクセスカウンター
Since 2006.6.2


This website is powered by Movable Type 3.2-ja-2  アンチエイジング方法こっそり教えます  ↑上へ戻る