アンチエイジング方法こっそり教えます > 紫外線 > 抗酸化物質

抗酸化物質

植物というのは、毎日毎日太陽の光を浴びることで光合成を行い、生きています。
ということはつまり、植物は、紫外線などから細胞を守る機能が発達している、ということです。
人間は植物ほど紫外線から身を守る機能が発達していません。
しかし、野菜や果物を食べることで、その機能を高めることができます。

人間の皮膚の中には、ウロカニン酸グルタチオンという「抗酸化物質」があります。
それらは、紫外線が生み出す活性酸素を取り去ってくれます。
ただ、このような体内抗酸化物質は、年を重ねるごとに減っていきます。
ですので、食べ物から抗酸化物質を補ってあげる必要があります。

食物の抗酸化物質とは、以下のようなものです。

ビタミン
・ビタミンA
・ビタミンC
・ビタミンE

ポリフェノール
・カテキン
・イソフラボン
・リグナン
・フラボノイド、など

カロテノイド色素
・リコピン

これらのような抗酸化物質を毎日の食事で摂り入れるようにすれば、紫外線を防ぐ機能を高めることにつながります。
それは、肌老化を防ぐことにもつながるのです。

アクセスカウンター
Since 2006.6.2


This website is powered by Movable Type 3.2-ja-2  アンチエイジング方法こっそり教えます  ↑上へ戻る