アンチエイジング方法こっそり教えます > 紫外線 > 生理前と日焼け

生理前と日焼け

生理前、妊娠中、ピルを飲んでいるときなどは、日焼けしやすくなるといわれています。
ですので、そんなときには普段よりも念入りに日焼け対策をしましょう。

なぜ日焼けしやすくなるのかというと、黄体ホルモン(プロゲステロン)が紫外線の感受性を高めるためです。
不規則な生活などでホルモンバランスが崩れると、いっそうシミができやすくなります。

ストレスもお肌の大敵です。
ストレスは活性酸素を発生させます。
また、ストレスがかかったときは、副腎皮質ホルモンが分泌されます。
副腎皮質ホルモンは、メラニンの産生に関係しているので、肌に良くはありません。

シミは日焼け止め化粧品だけで防ぐのではなく、体調を整えることもシミを防ぐことにつながるのです。

アクセスカウンター
Since 2006.6.2


This website is powered by Movable Type 3.2-ja-2  アンチエイジング方法こっそり教えます  ↑上へ戻る