アンチエイジング方法こっそり教えます > シミと美白 > シミと美白化粧品

シミと美白化粧品

シミにはいくつか種類がありますが、美白化粧品が効くものと効かないものとがあります。
美白化粧品が効くのは、老人性色素斑の初期のもの、炎症性色素沈着肝斑です。

女性が気にするシミのほとんどは、老人性色素斑のようです。
しかし、これはでき始めの、見えるか見えないかくらい薄いシミにしか、美白化粧品は効かないようです。
そのため、シミを消そうと美白化粧品を一生懸命使っても、効果が得られないので、「こんなの効かないじゃん」とあきらめて投げやりになる人が多いようです。

誤解して欲しくないところは、美白化粧品に効果がないわけではない、ということです。
美白化粧品は、治療よりも予防として使う、ということを覚えておきましょう。

老人性色素斑は、個人差はあるにせよ、40代くらいになれば、ほとんどの人にできるものです。
ですので、シミができる年齢になる前に、美白化粧品を使い始めると良いでしょう。
30代になったら美白化粧品を使い始める、というのが理想的のようです。

美白化粧品は予防として使うものなので、部分的にではなく、顔全体に、毎日、長く使えるものを選ぶようにしましょう。

アクセスカウンター
Since 2006.6.2


This website is powered by Movable Type 3.2-ja-2  アンチエイジング方法こっそり教えます  ↑上へ戻る