アンチエイジング方法こっそり教えます > シミと美白 > 美白成分について

美白成分について

美白化粧品を、「なんとなく美白っぽいから」という理由で選んでいませんか?
美白化粧品は、美白成分配合のものを選ばなければなりません。
名前が「ホワイト〜〜」とか「色白美人〜〜」という名前だからといっても、美白成分を満足に含んでいない製品もあるようです。
選ぶときには、美白成分がきちんと配合されているかどうかというところを注意してみましょう。

美白成分というのは何種類もありますが、基本的に、メラニン色素が作られるのを抑える働きがあるもののことです。
ですので、美白成分が含まれていても、現在肌にあるメラニン色素を分解したりするわけではありません。
これから作られるメラニン色素を減らすように働くものです。
ですので、美白成分は、今の肌を改善するというよりは、これからできるシミなどを予防することがメインになるものです。

美白成分は何種類もありますが、それらのなかで、どれが一番効果的である、というようなことはありません。
人によって、効果の出方が違うものなのです。
そして、やはり人によって、肌に合う、合わない、ということもあります。
ですので、美白化粧品は、自分の肌で試しながら選んでいくしかありません。

ただ、美容皮膚科でよく使われるのは、ビタミンC誘導体カモミラET油溶性甘草エキスです。

また、美白成分はメラニンの生成を抑えるものです。
皮膚の黄ばみ、ニキビ跡の赤み、などのメラニンではない色は消すことができません。

自分に合った美白化粧品、そして、毎日顔全体に使い続けられる美白化粧品を選びましょう。

アクセスカウンター
Since 2006.6.2


This website is powered by Movable Type 3.2-ja-2  アンチエイジング方法こっそり教えます  ↑上へ戻る