アンチエイジング方法こっそり教えます > シミと美白 > 美白成分の種類

美白成分の種類

美白成分には、さまざまな種類があります。
どのようなものがあるのか簡単に解説しておりますので、ご参考にしてください。


厚生労働省が効果を認めた美白成分

アルブチン
コケモモから抽出された成分。
チロシナーゼ抑制効果があります。

エラグ酸
イチゴから抽出された成分。
チロシナーゼ抑制効果があります。

ルシノール
北欧のモミの木の成分をヒントに生まれた成分です。
チロシナーゼ抑制効果があります。

ビタミンC誘導体
リン酸型ビタミンCなど、ビタミンCを吸収しやすい形に変えたものです。
抗酸化作用もあり、老化予防、ニキビの炎症を防ぐのにも役立ちます。
チロシナーゼ抑制効果があります。

プラセンタエキス
ブタの胎盤から抽出された成分です。
チロシナーゼ抑制効果があります。

カモミラET
カモミール(西洋カミツレ)から抽出される成分です。
抗炎症作用もあります。
エンドセリン伝達を阻害する効果があります。

トラネキサム酸
プロスタグラジンE2抑制効果、チロシナーゼ抑制効果があります。

t-AMCHA(t-シクロアミノ酸誘導体)
プロスタグランジン抑制効果があります。

リノール酸
サフラワー油などの植物油から抽出されます。
チロシナーゼの量を減らす効果があります。


上記の9つの美白成分のうち、どれか1つでも含んでいれば、美白化粧品として医薬部外品の認可を受けることができるそうです。
また、厚生労働省が認めているわけではないのですが、他にも美白に効果のある成分があります。


●そのほかの美白成分●

油溶性甘草エキス(グラブリジン)
甘草という漢方薬から抽出した成分です。
消炎効果もあるので、かぶれにくく、肌の弱い人でもわりと使いやすいようです。
チロシナーゼ抑制効果があります。

ハイドロキノン
皮膚への刺激がある、ということで、日本では長いこと化粧品に使うことが禁止されていました。
最近になって、規制緩和の影響で、日本でも化粧品に配合されるようになりました。
ただ、濃度が濃いと刺激がでることもあるようです。
チロシナーゼ抑制効果があります。

その他
・火棘エキス(かきょくえきす)
・ルムプヤン
・イモニガショウガエキス、などなど


美白化粧品を選ぶときには、どのような美白成分が配合されているのかを確認してから購入しましょう。

アクセスカウンター
Since 2006.6.2


This website is powered by Movable Type 3.2-ja-2  アンチエイジング方法こっそり教えます  ↑上へ戻る