アンチエイジング方法こっそり教えます > シワ > 真皮のシワ

真皮のシワ

真皮のシワは、真皮にあるコラーゲン繊維が変質することで起こります。
コラーゲン繊維が弾力を失ってしまうと、今までは元に戻っていた表情ジワが、だんだんと戻らなくなり、しだいに深いシワになってしまいます。

コラーゲン繊維が弾力を失ってしまう原因は、主に、「紫外線」と「加齢」です。

紫外線は、コラーゲン繊維を硬くしてしまいます。
また、紫外線は、コラーゲンを分解する酵素に作用するので、コラーゲンの量を減らしてしまいます。
紫外線を浴びると、コラーゲン繊維を硬くなり、真皮までも薄くなり、シワができやすい状態になってしまうのです。

加齢については、40歳をこえたあたりから、コラーゲンの量がだんだんと減ってきます。
コラーゲンの繊維をところどころでつなぎとめている、エラスチン繊維というものも切れてくるので、繊維がバラバラになってしまい、肌のハリや弾力がなくなってきます。

真皮のシワができるのを遅らせるには、若いうちからの紫外線対策と、アンチエイジング(老化予防)が必要です。

アクセスカウンター
Since 2006.6.2


This website is powered by Movable Type 3.2-ja-2  アンチエイジング方法こっそり教えます  ↑上へ戻る