アンチエイジング方法こっそり教えます > クマ > クマの種類

クマの種類

一般的に「クマ」と呼んでいるものにも、いくつか種類があります。
自分はどのクマで悩んでいるのかを知って、種類別の対策をしましょう。

青グマ】(血液のよどみ)
目のまわりには、目を動かすために血液が集まっています。
目が疲れたりすると、血液がよどんでしまい、まぶたを通して透けて見えてくるのが、青グマです。
本当の意味でのクマは、この青グマのことです。
色白の人や、まぶたが薄い人は、皮膚が透けやすいぶん、目立ちやすいようです。
冷え性の人にも多いようです。

黒グマ】(むくみ、たるみ)
クマで悩んでいる人の多くは、この黒グマです。
もともと薄い下まぶたの皮膚は、年齢につれてさらに薄くなってきます。
薄く弱くなった皮膚では、目を守っている眼窩脂肪(がんかしぼう)の重さを支えられなくなり、前に突き出してきます。
それに影ができて、クマとして見えるもので、影なので黒っぽく見えるので、黒グマと呼んでいます。
皮膚のたるみが原因でできるものなので、コラーゲン強化が、予防・対策になります。

茶グマ】(シミ・くすみ)
目の下に小さいシミがいくつかできて、それらが連なってクマのようになったものです。
目をこするクセのある人や、目のまわりに湿疹ができる人などは、角質が厚くなって、それがくすみになり、クマのようになっていきます。
茶グマはシミなので、通常のシミと同じお手入れをして、予防・対策をします。
ただし、湿疹などで十分なお手入れができない場合は、皮膚科に相談してみてください。

アクセスカウンター
Since 2006.6.2


This website is powered by Movable Type 3.2-ja-2  アンチエイジング方法こっそり教えます  ↑上へ戻る