アンチエイジング方法こっそり教えます > 紫外線 > 紫外線について

紫外線について

肌老化の対策には、紫外線対策が重要です。
そして、紫外線対策をするためには、紫外線のことについてよく知っておく必要があります。

暑いだから日に焼けそう、くもっているから大丈夫かな、…というように、雰囲気や思い込みで判断しないように気をつけましょう。


太陽光線の約50%は可視光線で、そのうち5%が紫外線で、残りが赤外線です。

太陽の光がまぶしいのは可視光線です。
太陽の光が暑く感じるのは赤外線です。

紫外線は暑くもまぶしくもないので、浴びていても実感がなくて、肌感覚としてはわかりません。
実感がないので、いつのまにか浴びてしまうことが多いのです。


赤外線や紫外線などの光は、波長によって分けられています。
紫外線とは、波長が400ナノメートル以下のものです。
赤外線とは、波長が800ナノメートル以下のものです。

赤外線はさらに、A波、B波、C波の3つに分けられます。
ただ、C波は地上にはほとんど届きません。


■A波(UVA)
320〜400ナノメートルの波長で、長波紫外線といわれています。
エネルギーは弱めですが、じわじわと肌の奥へ浸透していきます。
サンタン(皮膚が黒くなること)、コラーゲンの老化、光発ガンなどを引き起こします。
雲を通過しやすいので、曇りの日でもUVAの照射量はあまり減りません。
日光に含まれる量としては、B波よりもA波のほうが、10〜100倍も多いといわれています。


■B波(UVB)
280〜320ナノメートルの波長で、短波紫外線といわれています。
エネルギーが強くて、サンバーン(赤くなってヒリヒリすること)を引き起こします。
A波同様、コラーゲンの老化、光発ガンなども引き起こします。
雲や窓ガラスなどで、ある程度はさえぎられるようです。

紫外線についての知識をもって、正しい紫外線対策を行いましょう。

アクセスカウンター
Since 2006.6.2


This website is powered by Movable Type 3.2-ja-2  アンチエイジング方法こっそり教えます  ↑上へ戻る