アンチエイジング方法こっそり教えます > 紫外線 > ノンケミカルタイプ

ノンケミカルタイプ

普段使う日焼け止め化粧品の場合、紫外線吸収剤を含まないタイプの方が肌には良いようです。
なぜかというと、紫外線吸収剤は、肌に対して刺激になることがある成分だからです。
普段用には、「紫外線吸収剤不使用」か「ノンケミカル」と書かれている日焼け止め化粧品を選びましょう。

外で過ごす時間が2時間以内で、肌の強さも普通の人の場合、SPF20でPA++くらいがちょうど良いみたいです。
いわゆる普通の人で、普通の生活をしている人のことです。
肌が紫外線に弱かったり、普段外で過ごす時間が長い人は、もう少し強いSPF30くらいのものを選んでみましょう。


剤形・タイプ

日焼け止め化粧品には、スプレー、ローション、などいろいろなものがあります。
そのなかでは、クリームタイプか乳液タイプが肌に優しいようです。
ウォータープルーフタイプは、汗に強いのですが、落ちにくいのでクレンジングのときに肌を痛めてしまいます。
ウォータープルーフタイプは、普段使う日焼け止め化粧品には不向きのようです。


化粧下地・ファンデーション

化粧下地やファンデーションに日焼け止め効果を含ませたものが販売されています。
日焼け止め化粧品を塗る手間が省ける、というお手軽感覚で、このようなものを使っている人も多いのではないでしょうか。
しかし、それらのほとんどはノンケミカルタイプではなく、紫外線吸収剤を含んでいることが多いようです。

肌のためを考えるならば、化粧下地と日焼け止めを兼ねたようなものではなく、下地用ではないノンケミカルタイプの日焼け止めクリームを化粧下地のかわりに使いましょう。
その上からパウダーファンデーションを使います。
パウダーファンデーションは、日焼け止め効果をうたっていないものでも、すべて紫外線防止効果を持っているので、日焼け止め効果をうたっていないものでOKです。

日焼け止め化粧品の場合、「弱酸性」と書かれていても、肌が荒れてくる場合もあるようです。
日焼け止め化粧品の場合、「弱酸性」であるかどうかよりも、「ノンケミカル」であるかどうかの方が重要です。
肌のことを考えて、日焼け止め化粧品はノンケミカルタイプを選ぶようにましょう。

アクセスカウンター
Since 2006.6.2


This website is powered by Movable Type 3.2-ja-2  アンチエイジング方法こっそり教えます  ↑上へ戻る