アンチエイジング方法こっそり教えます > 紫外線 > SPF値について

SPF値について

日焼け止め化粧品に表示されている「SPF」と「PA」の意味を知っていますか?
日焼け止め化粧品を選ぶ前に、まずそれらについて知っておきましょう。


SPF値

「SPF値」は紫外線B波(UVB)を防ぐ力を示しています。
何も塗らない状態と比べて、サンバーン(赤くなってヒリヒリすること)がはじめるまでの時間を何倍に延ばすことができるか、ということの目安です。
たとえば、「SPF2」と表示してあれば、サンバーンが始まる時間を約2倍に延ばすことができる、という意味です。

また、成人が夏の日差しの下にいた場合、サンバーンを起こすほどの紫外線を浴びるには約20分かかるといわれています。(これには個人差があります)
つまり、「SPF2」の日焼け止め化粧品を塗っておけば、サンバーンを起こすまでの時間を20分の2倍、40分に延ばすことができる、というわけです。

ただし、SPFとは、サンバーンが起きるまで、つまり、肌が赤くなるまでの時間について測定された数値です。
肌にシミができるまでの時間ではありません。

シミは、サンバーンを起こすほどの日焼けをしなくてもできてしまいます。
毎日の生活で浴びる紫外線、それが蓄積されて、シミの原因になってしまうのです。
恐ろしいことに、日焼け止め化粧品を塗っても、サンバーンは防げるかもしれませんが、「シミのもと」は、肌の奥にできてしまっているかもしれないのです。

では、いったいSPF値はいくつのものを選べばいいのでしょう?

…残念ながら、その答えはありません。

ただ、日常的に使うのならば、「SPF20」くらいがちょうど良いようです。
ほとんどの人は、1日に日光に当たる時間は1時間程度です。
もしもっと日に当たる時間が長い、外出時間が長い、ということならば、もっと高めのSPF値の日焼け止め化粧品を選ぶと良いでしょう。

また、SPF値は高ければ高いほどいいのか、ということもありません。
日焼け止め化粧品は、少しではありますが、肌に負担をかけるものだからです。

自分の生活に合わせて日焼け止め化粧品を選ぶようにしてみましょう。

アクセスカウンター
Since 2006.6.2


This website is powered by Movable Type 3.2-ja-2  アンチエイジング方法こっそり教えます  ↑上へ戻る